とある銀行員の書き殴り日記

都市銀行のシステム部に勤めています

マメな人間はモテるらしいから、LINEの返信はあまり間を開けないようにします

※題名と本文はわりと関係ないことが少なくもなかったりするのであしからず

 

おはようございます。

 

寒さが厳しくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

ふと気づいたことがあるのですが、

 

いわゆる男(というか自分)が24時間で脳内で何を考えているかというと・・・

 

だいたいエロいこと考えてるんすよねw

 

だから、とりあえず今は女の子といっぱい遊ぶのが人生の充実かなって最近思うんすようね。

 

話は変わりますが、ネットで源氏物語のあらすじを読みました。

www.kyotogakuen.ac.jp

 

女性にモテモテだった光源氏が女遊びの果てに気づいた本当の幸せとは?

 

みたいな話だと思います。

 

僕は遊びの果てになにか気づきを得ることができるのでしょうか?

 

とりあえず言えるのは、マメな男はモテるらしいからまずは一歩ずつ前へ進んで行きます!

何事も癖付けること

ナンパを最近しているのだが、

 

「毎日最低1人には声をかける」

 

という目標設定をしたところ、割りと長続きしそこそこ結果も出ている。

 

この目標は「無理のない設定」であるため、

 

今日は◯◯人は声をかけよう・・・

 

みたいなストレスを感じずにナンパに望むことが出来る。

 

ブログをしばらくサボっていたのだが、

 

クソみたいな文章でも一行でもいいから、

 

ここにログインして書き続けることが

 

成功の秘訣かも知れない。

 

「小さなことの積み重ねがとんでもない所へ行くただ一つの道である」 

by イチロー

 

 

僕が仕事をする上で意識していること〜島田紳助に学ぶ、「次々現れては消えていく一発屋芸人」〜

一発屋芸人

 僕はよくお笑い番組を見ます。

 

漫才・コント・フリートークなど、

 

お笑いには様々なジャンルがある。

 

それぞれのジャンルで、

 

売れている芸人・全く売れない芸人がいます。

 

あるいは、ある日を境に急にテレビ出演が増え、一時的に成功をおさめるが、

 

バブルが弾けるかのごとく跡形もなく消えていく芸人もいます。

 

これが俗にいう「一発屋芸人」です。

 

 

島田紳助が語る「X+Yの公式」

僕が凄いなと思う芸人の1人に「島田紳助」がいます。

 

彼がよくNSC(よしもとの若手育成所)の講義で語っていたのが、

 

「X+Yの公式」です。

 

ここでいうXとは自分(の能力)、Yは時代の流れをさします。

 

一発屋芸人というのはつまり、

 

「世の中の流れを何も考えず、自分の好きなこと(=X)をやっていたら、

 

たまたま向こうからやってきた流れ(=Y)と正面衝突した。」

 

だけなのです。

 

成功するには常に変化すべし

どの世界でも成功をおさめるには、世の中の流れに合わせて、

 

自分のスタイルを変えていかなければならない。

 

スポーツ選手もサラリーマンも同様、

 

今世の中や会社で何が求められているのかを何も考えず、

 

ただ自分の得意なことばかり伸ばしていても仕方がないのです。

 

メジャーで活躍したイチロー選手も、

 

日本からメジャーに移籍したとき、

 

メジャー特有の動くボールに対応するために、

 

自分のスタイルであった振り子打法を捨てました。

 

一流であればあるほど、自分のスタイルにこだわらないのです。

 

今皆さんがやっている仕事などでも同じことが言えると思います。

 

大切なのは「Yにあわせて常にXを変化させていく姿勢」であると、

 

僕は1人のお笑い芸人によって大きな学びを得ることが出来ました。

携帯・財布を紛失…?〜しかしその日のうちに戻ってきた!!〜

今月は忘年会が重なりお酒が入る夜が多いのもあり、スマホと携帯をそれぞれ別の日に無くしてしまいました…。゚(゚´ω`゚)゚。

ところが、幸いどちらも当日中に自分の手元に帰って来たのです!!

日本は凄い国だとあらためて思いました。

日本人は自分の国を悪く言う癖があるが、これだけ素晴らしい国は他にないでしょう

日本に生まれてきて良かった〜〜!!!

日本への感謝の気持ちを、どこかにぶつけたい!

そう考えた時、ブログが思い浮かびました。

特に毎日更新しているわけでも無く、最近は放置気味だったこのブログ…

特定の誰かに伝えている訳ではないが、誰かのこころに響くブログであってほしい!!

何よりこのブログは、
自分が自分に語りかける意味もあるので、
ここに書いたことを普段の行動で実践できる人間でありたい!!

夢を叶える秘訣は諦めないこと

何かを成し遂げるために大事なことは諦めないことだと思う。


僕はもっと賢くなりたいしうまく話せるようになりたい。

でも、仕事やプライベートで度々自分の能力の無さを痛感する。

そのたび、ああ〜自分は才能が無いのかな…と思ってしまう。

でも、夢破れた人の多くは壁にぶち当たった時に諦めた人だ。

テラスハウスではんさんこと半田悠人のインタビューで、

夢を叶える秘訣は??

の問いに

諦めないこと

と答えていた。

最もだと思う。

僕もそう思う。

諦めない限り、夢への道は続く。

頑張ろ。

東西線行徳駅から西船橋駅まであるいて1時間20分程かかりました。

運動は必要だからとりあえず歩きまくる

普段から運動する習慣をつけておかないと・・・

 

土日は家にこもりがちだからね・・・・・

 

歩いていると、

 

自分の頭が整理されていく気がする。

 

自分で今頭に詰め込まれてることを再確認できる。

 

つい忘れてた予定とか、買わなきゃいけないものとか。

 

ずっと家でこもっていると思いつかない視点で物事を考えられる。

 

すごく良い時間。

 

今の僕にとって、かけがえのない時間だ。

 

改めて思う・・・平日はやはり仕事に追われている

休日の過ごし方と比べて、どうも余裕がないのが実感できる。

 

普段が忙しいのは分かるが、もう少し余裕を持てないだろうか・・・

 

一番のコツは早く寝ることだ。

 

仕事中はどうしても頭をフルに使うから、とても疲れやすい。

 

疲れが溜まると、人間は正常な判断ができなくなる。

 

家に帰ってすぐにご飯を作り風呂に入り寝れば良いものの、

 

何時間も動画をみたりダラダラ過ごしがちになってしまう。

 

別に好きで過ごしている分にはいいと思う。

 

厄介なのが、

 

心のなかで「本当は風呂に入って寝なきゃいけないのに・・・」

 

と分かっていながら魔が差して、余計な事に時間を使ってしまうことだ。

 

脳が疲れると、どうしても楽な方に流れてしまう。

 

だから・・・・過ごし方を整理してみた。

 

平日の過ごし方(仮) 

朝 05:00     : 起床

  05:00〜07:30 :勉強・読書

    07:30    :出勤

    07:30〜08:00  :ニュースチェック

 08:00〜19:00:日常業務

 20:00     :帰宅

   22:00              :就寝

 

 

以上です。

成長とは自分で気づくものではない。何故なら自分の自分に対する評価基準は毎日変化するから。

合格点は日々上昇している

ふと自分で気づいたことです。

僕は今24歳ですが、

3年前の自分が今の生活を1日でも送ったとすれば、

「今日は頑張ったなぁ〜充実したな〜」と

心地よくなることでしょう。

でも、今は普通に出来てます。

それを「今日も自分のQOL更新したわ〜」

と思い上がらない。

むしろ、その日の反省点をたらたらと並べて、

今日も普通の1日だったな〜で終わり。

それは、

自分に対する合格点が上昇しているからですよ。

自分を褒めて褒めて褒めまくろう

そんな日々を充実したものにするには、

自分で自分をほめまくることです。

最初は上手く出来ません。

小さいころから親や先生に、

悪いことをしたらこっぴどく叱られ

反省し落ち込むことが美徳だと刷り込まれているからです。

その考えは捨てましょう。

僕も、新入社員の頃は毎日叱られその度落ち込み、

この落ち込み反省することの繰り返しがあるべき姿だと

思い込んでいました。

それは、とんだ間違いでした。

自分の気持は一向に晴れやかにならず、

それどころかどんどんネガティブな考えが体を支配するようになりました。

そんなとき、あらゆる本に「落ち込んでる暇はない!ポジティブ!」

的なことが書いてあるのが分かってきました。

世渡りの上手い先輩上司に、

「ヘラヘラ笑っとけw」みたいなアドバイスももらいました。

それぞれが、正しい助言かどうかがわかりませんが、

少なくとも自分の考えが間違っていて、

それは時代や場所によれば良しとされた考えでもありました。

「先入観は悪だ」と野村克也(元プロ野球選手)は言っていましたが、

その通りだと思いました。