読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある銀行員の書き殴り日記

都市銀行のシステム部に勤めています

人の「行きたくない」理由の大半が人間関係である

人にはいろんな行きたくないがある。


学校に行きたくない。
会社に行きたくない。
飲み会に行きたくない。
バイトに行きたくない。
ゴルフに行きたくない。
実家に帰りたくない。

何が悩みかというと、だいたいがそこに「関わりたくない人間関係が存在する」からだ。

だが、本当に嫌なのか??

人間は嫌なことの9割は妄想だという説がある。

もしかしたら、その「行きたくない」も、実際には見えない妄想に囚われているだけなのかもしれない。

では…その妄想とは…⁇

僕は、「プライド」だと思う。

人は、よく見られたい、好かれたいと思うあまり、

人間関係が難しい環境に飛び込むのを極度に嫌がる。

僕も、関わりたくない人間と一緒にいるのは嫌だったが…最近、それが苦にならない方法を思いついた。

それは…自分の信念をもって行動する事である。

自分に正直に行動すれば、周りからの評価が気にならなくなる。

何故なら、周りから何か非難されても、受け流したり反論する余裕が生まれるからだ。

僕も、少々の事でへこたれたり落ち込んだりしないように、あえて苦手な人間関係に飛び込む、筋トレを日課にする(前記事参照)などを実践している。

皆さんも、ただ「行きたくない」で終わらせず、何故行きたくないのか?(⇨おそらく人間関係)。

そこの原因が追求できれば、「やっぱり行ってもいいや!」となるのではないか??

広告を非表示にする