読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある銀行員の書き殴り日記

都市銀行のシステム部に勤めています

学生のうちに親が支払った国民年金保険料を、社会保険料として控除出来るのか?

学生のうちの国民年金保険料

みなさんも、20歳になってから自分の国民年金保険料を親が支払っていたと思います。

 

背景としては、日本国民は20歳から国民年金に加入しなければいけません。

 

そのため、国民年金保険料を毎月約16,000円支払うのが義務化されています。

 

ただし、学生はアルバイト以外の収入がなく、生活費や学費のことを考えるとこの保険料の負担はかなり大きいものとなってしまいます。

 

そのため、国民年金には学生納付特例制度というのが設けられています。

 

これは、学生のうちの保険料は本人が社会人になるなどして安定した収入が入ってくればまとめて支払うことを前提として、保険料納付が免除になる制度です。

 

※これを保険料を追納するといいます 

追納すると少し保険料が高くなる場合があるため、親が代わりに支払うこともある

 

とはいえ追納した場合、その保険料は

 

「学生時代の月額保険料」ではなく

 

「納付年度の月額保険料」での計算になります。

 

金額が変わらない場合もありますが、

 

年々保険料が上がっている現状があるので、

 

金額だけでみると追納しないほうが安い保険料で済む可能性が高いです。

 

支払った後は、年金事務所から控除証明書をもらって年末調整・確定申告すべし

 

支払った保険料は、社会保険料控除」として所得から控除出来ます。

 

親が払ったなら親の給与所得から、

 

子供が社会人になって自ら追納した場合は子供の給与所得から控除できます。

 

仮に、その年に支払った分を年末調整・確定申告するのを失念していた場合は、

 

恐らく3年以内なら修正申告で還付できると思います。

 

まぁ私も実際に手続きを踏んだことがないので、

 

税務署なり年金事務所に細かい内容は聞いてみると良いと思います。

広告を非表示にする