仮想通貨を最近始めてなんとかなけなしの貯金を回復させた銀行員のブログ。

14卒の銀行員が素人ながら仮想通貨始めました。浪費癖で貯金20万の状態から、仮想通貨で総資産140万円まで回復。現在は給料をできるだけ仮想通貨にぶち込みたいので節制生活送っております。その他、筋トレが趣味です。ちょくちょく1人でナンパもしてます笑。勉強中の身なので、皆と一緒に仮想通貨について学んでいきたいと思います。

銀行員の勧める金融商品は買うな!!

銀行員が売る投信や保険は、顧客のコストが高い

 例えば100万円の投資信託を買いました。

 

年利で標準2%を目標にする商品です!お得です!

 

確かに、預金金利が0.25%のこのご時世だから良い商品じゃないか!?

 

いやいや、騙されてはいけません。

 

これにはからくりがあります。

 

信託報酬・販売手数料

◯信託報酬:顧客が運用会社に払う手数料。運用金額の1%位取られる。

◯販売手数料:顧客が銀行に払う手数料。商品によって、購入額の1%〜5%程かかる。

 

おいおい!これじゃ、初期コストで2%損してるやん!!

 

てことは、年利2%が初めの時点でゼロになる。

 

あとは、運用次第でプラスになるかマイナスになるか。

 

こんな特にならない商品誰が買うのだろう笑

 

銀行は会社の利益しか考えてない

そう、だから銀行員の勧める商品は買っちゃいけない。

 

自分で商品知識やマネーリテラシーを身につけて、

 

自分の方針にあった商品を選ぶ。これが確実。

 

でも分からないから聞いてるじゃん!結局何が良いの?

強いて言うなら、

 

個人向け国債や、個人型DC(iDeco)、ネット銀行で売ってる販売手数料ゼロの投信。

 

詳しい内容な自分で調べてほしいが、要するに顧客にかかるコストが少ない商品だ。

 

是非、検討してみてほしい。